まだまだ暑いです。熱中症にご注意を!

今年の夏は「記録的猛暑」だそうです。「暑いですね~」というあいさつがまだまだ続きそうな気配です。長崎市では8月24日に今年最高の37.1度を記録したと報道されています。皆様!熱中症にくれぐれも注意してください。
暑い夏といえば、長崎では原爆と戦争の報道が多くなります。原水禁大会はもちろんですが、子どもたちの平和学習、地域での慰霊行事など、この時期は平和に関する様々な取り組みが集中する季節でもあります。皆さま方も何らかのかたちでこうした行事に参加されたことと思います。
しかし、戦争や原爆を二度と繰り返してはならないとい平和の想いをこの時期だけに集中できないような政治状況となっていることは皆さまご承知の通りです。7月の参院選で改憲発議に必要な3分の2の議席を得た安倍政権は、いよいよ本格的に「戦争ができる国」への道を突き進みます。しかも、正面切った「9条改正」ではなく、皇位継承や緊急事態条項など「お試し」から始めると言われています。改憲の必要性よりも、憲法の平和主義を、平和的生存権をはじめとする人権・権利条項を、具体的に「くらし」と「平和」に活かすことが必要だということを、もっと市民に訴えなければなりません。皆さまの先頭に立ってがんばります。
さて、9月県議会は9月9日~10月6日の日程で開かれます。8月2日に閣議決定された国の経済対策にともなう補正予算がおもな議案だと思いますが、アベノミクスの失敗を覆い隠すため公共事業で景気を刺激する旧来型の手法を招いた(社民党幹事長談話)ことを念頭に置きながら県議会での議論に臨みます。今回は社民党県連代表の吉村庄二県議が一般質問に立ちます。私は11月議会の予定です。

LINEで送る