東長崎での個演に胸を焦がす

選挙戦も6日目が終わりました。 今日は早朝から魚市におじゃましました。忙しい時間帯にお騒がせしました。ありがとうございました。 午前午後は街宣や職場集会で「くらしと平和」をアピール。夜は東長崎での個人演説会に70人を超す皆さんに参加いただき胸を熱くしました。東長崎地区は80年代後半に被爆地域の是正を取り組んだ地域。いまでも「被爆体験者」訴訟が続いており、被爆地にとって重要な課題です。被爆者援護法は つづき …

ナガサキから暴走する安倍政権にストップを!

 坂本浩・総決起集会(社会民主党県連合主催・長崎県総合福祉会館)の会場は、夕刻の開催時刻を待たず、約400人の熱い支持者の熱気に包まれ、ほぼ満席。船越耿一後援会長も元気な姿を見せ、上川剛史総合選対長、池田章子市議、中里泰則市議予定候補が、平和運動などを通じた坂本候補の誠実な人柄と情熱をこもごもアピール。 さらに、今回、日教組推薦ということから、広島県教組出身の藤川伸治中央執行委員も応援のあいさつに つづき …

いよいよ後半戦へ

選挙戦も5日目。いよいよ後半戦へと突入です。 今日は朝から井筒造船前で中里泰則市議予定候補と一緒に朝立ちをしました。 今朝は少し寒さが戻りました。バイク通勤の皆さん寒そうでしたが、手袋をとって握手に応じていただきました。 寒い中ありがとうございました。地場産業の育成が地域経済活性化のカギです。がんばりましょう。 午後からは3か所で街頭演説。バス停で聞き入っていたお母さんに呼びかけるように訴えました つづき …

個人演説会にあふれる支持者!

4月6日、西浦上中央連合自治会公民館で個人演説会が行われ40人を超える支持者で会場が埋め尽くされた。 退女教の楠本礼子さん、池田・中里市議予定候補者の3人の応援弁士を迎え、坂本浩候補への支持を熱く訴えた。それを受けて、坂本浩候補は「構造改革で格差が拡大し、働く者の可処分所得は低下している。私は長崎県の予算6600億の税金は県民の福祉向上、地場中小の産業育成、発展のためにもっと使うべき。地方自治体は つづき …

会場いっぱいの支持者!小ヶ倉2丁目公民館 個人演説会

  4月5日の個人演説会は小ヶ倉2丁目公民館で行われ、約40人の支持者で会場はいっぱい! 坂本浩候補は「所得は上がらないのに負担は増える一方。県・市の予算を地場の商工業になぜつぎ込めないのか。 県議会で地元の経済の発展のために議論したい。また、セーフティネットである社会保障。県予算をどれだけ配分できるのか。また、戦争への備えを安部政権は行っている。原発も同じ。地域住民の命の問題である。こ つづき …

似顔絵のプレゼントに感激しました。

選挙戦3日目。 小ヶ倉2丁目公民館での個人演説会会場でステキな似顔絵のプレゼントをもらいました。 公民館の近くの親戚の方からですが、体調不良で参加できないからとお連れ合いさんからいただきました。 まー兄ちゃん、ありがとう! 心のこもった贈り物に感激です。 今日もあたたかい声援ありがとうございました。皆さんの元気をもらって明日もがんばります。

県政に届けます!くらしと平和!

 選挙戦2日目!! 坂本浩候補は、長崎市民に元気いっぱい政策を訴えてまわった。午後からは、新大工町での街頭演説に立った。道行く車の中から手をふる人、応援のクラクション、そして大きな声援!! 街頭演説では、「私のキャッチフレーズは県政に届けますくらしと平和。長崎県予算6500億円をどう配分するかが問われている。利益誘導につながる大型開発事業ではなく、身近な生活インフラの充実などに使われるべきだ。地場 つづき …

県議選2日目が終わりました。

今日は神浦ダムを出発し北部地区から東長崎地区~琴海へと超ハードなコース。ベテラン運転手の的確なハンドルさばきで琴海・長浦での個人演説会には時間通りに到着しましたが、各地域で十分に時間になってすみませんでした。 でも、家から出てきての声援や車のクラクションなど、たくさん元気をもらいました。本当にありがとうございました。 新大工の電車通りでの街頭演説や個人演説会では「くらしと平和」について思いを語るこ つづき …

城山地区で個人演説会

県議選初日は地元・城山で第一声と個人演説会。個人演説会は城山町の建設技能会館に80人を超える方々に集まっていただきました。嬉しくて15分の持ち時間を10分もオーバーしてしまいました。 参加していただいた皆さん!遅くなってごめんなさい。 初めての選挙で初日はなんとかこなせました。選対スタッフや地元後援会の皆さんのおかげです。ありがとうございました。

県都 長崎に社民党議席奪還を! 雨中の出陣式で決意!!

                                                                                               いよいよ決戦の火ぶたがきられた。「怒りの雨を地固めの雨にし、県都長崎で社民党の議席奪還しよう」と上川選対本長のあいさつで始まった公会堂前での出陣式。降りしきる雨の中 支持者約200名が駆けつけた。  マイクを握 つづき …